肌のケアまとめ

肌トラブルのケア方法についてご紹介しています。
MENU

大切なのは糖化を防ぐことです。

35歳を過ぎた頃から、鏡や写真に映った自分に「あれ?」と思った事はありませんか?聞いた事はありましたが、「まさかそんな風になるわけない。」と思っていました。しかし、出産を期に自分のお手入れは二の次になり、育児に追われる毎日に変わりました。そして、ある日写真を見た時に「あれ?」っと思いました。笑っているつもりなのに、笑えてなかったり、疲れて見えました。確かに疲れているので認識はあったのですが、まさかこんなにも如実に現れるとは正直ショックでした。比較的しわはまだ少ないですし、年齢よりも若く見られるので安心していたのですが、確かにアイラインが書きにくくなるなど気になる所はありました。知らない内に顔が垂れてきていました。とにかく現状を把握しようと思い、カウンセリングを受ける事にしました。細胞レベルでのチェックをしてもらい出た結果は意外なものでした。季節によってかゆみが出るので乾燥していると思っていましたが、それほど肌は乾燥していませんでした。ただ表面は比較的大丈夫なのですが、問題は真皮の状態でした。毛細血管の流れが少し悪かったり、コラーゲン線維に糖化が見られました。最近よく耳にする糖化が私にも忍び寄っていたのです。この糖化は茶褐色をしているため、お肌のくすみにも影響します。最近顔色が良くないのはこの糖化の影響と言う事が分かりました。真皮の状態はお化粧品も届きにくい為、食生活などの影響が大きいです。辛いですが甘いものを控えたり食生活を見直す必要がありそうです。誰しもがいつまでも若くあり続けたいと願っていると思います。お肌は日々の積み重ねが大切なので、育児の合間にほんの少しだけ自分の時間を作ろうと思いました。

 

心もくすませる肌のくすみ

 

20代後半から、顔のくすみが気になるようになってきました。また、30歳になると目尻のそばにシミが浮かび上がってきました。

 

若い頃は特に何の手入れもしていませんでしが、周囲から肌がきれいだと言われていました。大学生の頃はあまり化粧もせず、日焼け止めすらぬらず、なんなら洗顔の後の化粧水も気が向いた時にしかつけませんでした。あの時、調子に乗らなければ良かったと悔やむばかりです。

 

インターネットで調べてみると、シミは一度できたものを消すのはなかなか難しいとのことです。一方、肌のクスミはピーリングで改善するという情報を見つけました。私はさっそく近くの薬局でピーリングジェルを買ってきました。よくあるタイプで、顔につけて軽くこするとポロポロと角質が落ちるというものです。うっすら黒い垢のようなものがポロポロ出てくるので、すごく楽しかったです。洗顔した後、顔を見ると肌のトーンが明るくなっています。心がぱっと明るくなりました。

 

 実際に頻繁にピーリングをやりすぎると、乾燥したり、赤みが出たりしてしまうらしいので、注意書きに書かれている通り、一週間に一度だけにしたいと思います。肌がくすんでいると、テンションが下がって心までくすんでいるようです。金曜日に一週間頑張ったご褒美としてピーリングを取り入れていくつもりです。

 

脇の黒ずみの原因と改善方法まとめNAVI

このページの先頭へ